公開履歴
薬を飲む女性

なぜ、花粉を吸いこんだり、皮膚に付着するなどしただけでくしゃみや鼻水が出るんだろうと思いませんか。しかも、どんな植物の花粉を吸ってもアレルギー反応を起こすわけではありません。そもそもどのようなメカニズムなのかを知ることで、つらい症状が起こるのかを理解することができるでしょう。

危険なものではないはずなのに、花粉を吸った時に花粉という異物が体内に侵入したと体が思ってしまいます。もちろん、これは個人差があることです。異物だと勘違いしたために、異物がアレルゲンとなってしまい体が異物に反応します。アレルゲンは体内から排出しなくてはいけないために、すぐに体外へ排除するためリンパ球がIgE抗体を作ります。

このIgE抗体が作られた後に体内に花粉が侵入した時に、目や鼻の表面にある肥満細胞とくっつきます。すると、化学伝達物質のヒスタミンやロイコトリエンなどが放出されるのです。ヒスタミンやロイコトリエンなどの物質によって目や鼻の粘膜が反応します。

どのような反応になるかと言うと、これが一般的な花粉症の症状です。つまり、くしゃみや鼻水・涙で洗い流すのです。

ただし、人によってかなり症状には違いがあります。とにかくくしゃみがたくさん出る人もいれば、気が付いたら鼻水が垂れる人もいますし、両方の鼻がつまるなどかなり違いがあります。かなりひどい症状になると、両方の鼻が完全につまっているにも関わらず、鼻水が垂れてしまうので日常生活に支障をきたすこともあるでしょう。それくらい、重たい症状を発症することもあります。

一般的な症状と言えば、くしゃみや鼻水、鼻づまりと目のかゆみではないでしょうか。風邪と間違われやすいですが、目のかゆみがあれば花粉症だと言われるくらいこれらはほとんどの花粉症患者の人が発症しています。

これだけしか症状がないというわけではありません。人によってかなり違いがありますが、頭痛に悩まされることがあるかもしれません。頭痛と鼻水や鼻づまりと聞くとまさしく風邪だと勘違いされてしまうでしょう。

頭痛だけではなく、熱っぽい感じがすることもありますし咳が出ることもあります。倦怠感や不眠や下痢、イライラするなど症状は多岐にわたります。

最近では、花粉症皮膚炎になる人が多く、鼻水などの象徴的な症状がないのに皮膚が荒れることもあるので要注意です。皮膚に付着した花粉によって皮膚が炎症を起こしています。化粧品を変えたり、自分なりに工夫していても全く肌荒れが改善しない場合は疑った方が良いです。他の症状がないと自分は花粉症ではないと勘違いしてしまうために、対処が遅れることも少なくありません。

くしゃみが止まらなくなったり、目のかゆみがずっと続いてしまうなどつらい症状ばかりです。花粉症のメカニズムを知ると、なぜこのような症状に苦しむのかがわかります。決して危険な物質ではなく、むしろ安全な物質であるはずの花粉も大量に吸い込むなどして体内に侵入してしまうと危険だと体が判断してしまいます。だから、体外へ排出しなくてはならないと思うのでしょう。

今や国民病とも言われているくらい患者数がとても多くなりました。かなり幼いころから発症してしまうこともあります。適切に対処すれば、症状を抑えることができたり軽減することができます。そのためにもメカニズムを知っておくことが重要です。

いかに花粉を体内に侵入させないようにすることが大事なのかがわかったはずです。なかなか目に見えないくらい小さい物質と言うこともあって、対処していないかもしれません。一度、患ってしまうと簡単に治せませんから、まだ発症していない人も気を付けてください。