アレグラは花粉アレルギーに効果絶大!

2020年04月05日
マスクをかける女性

花粉症になったら適切な対処が不可欠です。最も効果的な対処法と言えば、薬を服用することではないでしょうか。いろいろな薬があるなかでも、アレグラを服用している人はとても多いです。医師に処方してもらうだけではなく、市販薬としてもすでに販売されています。ドラッグストアに行けばすぐに購入することができるので、今ではアレグラを服用している人が多いです。

フェキソフェナジン塩酸塩が入っていますが、これは第二世代抗ヒスタミン成分です。第二とありますので、第一世代もあります。第一世代では発症した症状を抑えるだけでしたが、第二世代になってからは発症した症状を抑えることだけではなく症状を引き起こす物質を元から抑えられます。フェキソフェナジン塩酸塩が使われることで、より強力に花粉症の症状を抑えられるでしょう。

アレルギー性鼻炎には抗ヒスタミン薬を飲むことがポイントです。ヒスタミンと言う物質によってくしゃみや鼻水などのつらい症状が出てしまいます。だから、医師も抗ヒスタミン薬を処方しますしアレルギー性鼻炎の薬にはフェキソフェナジン塩酸塩などの抗ヒスタミン成分が入っていることが多いです。

より高い効果を発揮して欲しいとは思いませんか。症状が出てから服用しても構いません。すでに発症した症状を抑える効果があるからです。

実は、花粉のピーク前から服用することがおすすめです。ピーク前はあまり花粉症の症状が出ていないかもしれませんが、むしろ症状が出る前から継続的な服用をした方がピーク時にあまり症状が出なくて済みます。

天気予報などでもいつぐらいが花粉のピークかを伝えますので、それよりも前から服用を始めてください。そして、継続的な服用することによって大量に花粉が飛散している時も快適に過ごせるようになるでしょう。継続することもポイントなので、飲み始めたらそのまま花粉がほとんど飛散しなくなるまで服用し続けてください。

飲み方は、1日2回だけで24時間効果が持続します。正しい飲み方を続けることも重要なので守ってください。1日2回であれば、食後でなくても問題はありません。空腹時に服用しても良い薬なので、食後に飲み忘れると言うようなことを心配しなくて済みます。

のどが渇きにくい薬なので、他の薬を服用したらのどが渇いたのならばアレグラに変えるのも良いかもしれません。市販されていますので、一度試しに服用してみませんか。眠くなりにくい薬でもあるので、あまり日常生活に支障をきたすようなことはないはずです。

ピークが来てからでも間に合いますが、できれば花粉飛散のピーク前から継続的な服用をした方が良いです。自分がすでに花粉症だとわかっているのであれば、2月には始めた方が良いかもしれません。敏感な人であればもっと早くから継続的な服用をしても良いくらいです。アレルギー性鼻炎で悩んでいる人にとってとても助かる薬なので、正しい飲み方で試してみてください。

関連記事
アレルギー体質は遺伝するって本当? 2020年05月19日

自分の両親がなんらかのアレルギーを持っていると、自分も同じアレルギーを持つのではないかと不安になりませんか。自分の周りにいる人の中にもしかしたら両親のどちらかと同じアレルギー体質の人がいるかもしれません。アレルギー体質に関しては、少なからず遺伝すると言われています。明確ではないものの、両親のどちらか

2020年05月19日
花粉症の薬を飲んでもダメなら手術も検討しよう 2020年05月02日

最強の効き目を持つ薬があるとは言え、人によってはあまり効果が出ないこともあります。それだけ、花粉症の症状には個人差があるからです。薬ではあまり効果がないと感じたら、手術を検討しませんか。手術と聞くと躊躇してしまうかもしれませんが、日帰りで対応していますから安心してください。レーザーを使った日帰り手術

2020年05月02日
最強の効き目を持つジルテックで鼻炎を抑える! 2020年04月15日

なかなか薬を飲んでもつらい症状が緩和されないこともあります。かなり重い花粉症を患っている場合は、アレグラでは効果があまりでない可能性があります。そう言う人は、最強の効き目をもっているジルテックを服用してみてください。こちらであれば、きっとつらい症状の緩和ができるはずです。くしゃみや鼻水、鼻づまりなど

2020年04月15日